2020/02/08
 2月8日(土)は読書のアニマシオン研究会の月例会でした。今回はショートアニマシオンが滝脇れい子さんの「わらべうた」。メインワークショップは栗原圭子さんと千田てるみさんの「外国の昔話絵本の魅力を見つけよう」でした。寒い日でしたが皆でわらべうたを歌い、また外国の昔話を楽しみました。 ■「わらべうた」ことば、リズム、社会性を育てる...

2020/01/18
1月18日(土)神保町のブックハウスカフェにて「アニマシオンで道徳」のトークイベントがありました。ブックハウスという子どもの本専門店で、私たちが昨年出版した『アニマシオンで道徳』のイベントができることは何より嬉しいことでした。みぞれが降るとても寒い日でしたが、会場はあふれんばかりの満杯。65名もの方が参加してくれました。まず、代表の笠井から『アニマシオンで道徳』1章の教室での道徳の実践を話しました。9本の収録されたうち6本の実践を紹介しました。・石井広昭さんが『てん』を使い、どのように議論を作りだし、子どもの絵の展覧会に持っていったか。・藤條学さんの「仲間はずれファン」は、軽い仲間はずれを作り出すゲームを通して子どもたちうたがうことの大切さを説いている。・また、『質問絵本』では他人の答えを予想することで、人によって考え方がちがうことを気づかせている。・『サプール』を扱った宮崎大策さんは、「なぜ貧しいのに洋服にお金をかけるのか?」という質問で議論をつくりだしている。・『希望の牧場』を題材とした笹島朋美さんは、立ち入り禁止地区で牛を飼い続けるという重い実話を子どもにぶつけることで、議論をつくりだしている。そして、笠井が昨年中学3年生で取り組んだ「アイデンティティのオークション」について説明しました。中学生に使った実物を示し、簡単にオークションをやった後、写真を使い、中学生がどんな反応をしたのか、中学生がどんな思いを考えをもっているかを話しました。楽しい中にも中学生の夢や苦悩が素直に表れているという話です。

2020/01/11
2020年初めての月例会を開きました。 ショートアニマシオンは平島和子さんの「教えて、広辞苑さん!」。メインのアニマシオンは石井広昭さんによる「ドキュメンタリーのアニマシオン」でした。 広辞苑は面白い!!...

2019/12/08
12月特別例会 北海道アニマシオンクラブ 佐藤広也さんによる 「かちかち山へのアニマシオン」  12月7日、北海道アニマシオンクラブ...

2019/11/09
11月9日(土)月例会を開きました。ショートアニマシオンは3・11に関する本を使ってのアニマシオン。メインのアニマシオンは『アニマシオンで道徳』の第2章を使っての「つもりブックトーク」でした。  ショートアニマシオン「災害でアニマシオン〜あの日からの物語〜」アニメーターは増田さん、太田和さん、石井さんのチーム和(なごみ)。...

2019/10/05
10月5日は10月の月例会でした。今回は三重大学教育学部の大日方ゼミの学生が10名参加してくれたため、42名の参加者がありました。...

2019/09/07
 9月7日、明治学院大学白金キャンパスの教室で特別例会を開きました。...

2019/07/06
 7月6日(土)は、読書のアニマシオン研究会(アニマシオンクラブ)7月例会でした。...

2019/06/01
  明治学院大学白金キャンパス1号館1253教室。ショート・アニマシオンは、小山公一さんによる「つながりを考えて」。私と渡部さんはスタッフ「オッサンズ」。「とっぽーん!」「ぐわーくしょん!」などの擬音語と、「ビーだま」「かば」などの物の言葉(名詞)とを結びつけて短いワンセンテンスを作り、丸くなって発表する。これが「つながりを考えて」にふさわしく楽しい活動になったと思います。。テキストは『そしたら そしたら』谷川俊太郎ぶん、柚木沙弥郎え(福音館)。

2019/05/11
 4月例会から13:00開会~16:30終了を原則に、明治学院大学白金キャンパスの教室で開いています。誰でも歓迎、予約不要。まず、ショート・アニマシオンを30分。そして、参加者からの「おすすめの一冊」紹介。休憩後、ワークショップを60分。その後、協議としています。...

さらに表示する