おすすめの本 · 2020/09/21
『貸出禁止の本をすくえ!』 アラン グラッツ作 ないとうふみこ訳 ほるぷ出版 2019年7月   1500円(本体)...

おすすめの本 · 2020/09/14
『風のことばと空のことば 語りかけるじてん』  長田弘・詩  いせひでこ・絵、 2020年4月 講談社 1600円 えんぴつ【鉛筆】  鉛筆はね、人がことばを書くための道具じゃない。  人をことばに導いてくれる道具なんだ。 ことば【言葉】  いちばん大切なもの。花には、水。ひとには、言葉。 まいにち【毎日】  台風の日でも、新聞がとどくと、なんか落ち着く。...

例会 · 2020/09/06
9月例会報告  9月5日、日比谷図書文化館で9月例会を開きました。コロナ禍での開催のため、マスクをして椅子の間隔を開けての例会でしたが、集い語り合うことでいい学びになった3時間でした。今回は笠井英彦によるショートアニマシオン、笹島朋美によるワークショップでした。 ■ショートアニマシオン...

おすすめの本 · 2020/08/31
『夜間中学へようこそ』原作山本悦子 漫画沢音千尋 双葉社 2020年3月  この本は2016年に発行された山本悦子著『夜間中学へようこそ』のコミック版です。 漫画になることで読みやすく、イメージがしやすくなっています。原作山本悦子さんが東京葛飾の夜間中学校を見学、取材し生まれたものです。そのため漫画に出てくる話にリアリティーがあります。...

おすすめの本 · 2020/08/24
『語られなかったアメリカ史 3 人類史上もっとも危険な瞬間』 オリバー・ストーン&ピーター・カズニック著 鳥見真生訳 あすなろ書房 2010年3月  この「語られなかったアメリカ史」のシリーズは私のアメリカ像を覆し衝撃的なシリーズでした。...

おすすめの本 · 2020/08/17
 生き方としてのノラ=『猫町』  毎朝の散歩で出会うのは、犬自慢の皆さまである。春先までは、ベストやらズボンもどきをはかせて、あちこちでお互いのイヌ褒めをしあって長いおしゃべりを繰り返している。最近の傾向は、イヌ派よりネコ派の方が多数となったということだが、ネコのお散歩には出会わない。ネコに紐付けは似合わない、というか嫌いなのだ。...

おすすめの本 · 2020/08/10
愉快痛快奇想天外‼ タンザニアから=『どうぶつたちの じどうしゃレース』  東アフリカのタンザニアから届いた民話とアートの絵本です。  とにかくおもしろい。さあ、子どもたち、おいで、おいで。昔々のお話。  パウカー(はじめるよー)。  パカワー(はーい)。  ハポ ザマニザカレ(むかしむかし あるところに) どうぶつのむらがあったって。...

おすすめの本 · 2020/08/03
『子ども白書2020』 日本子どもを守る会編 かもがわ出版 2800円 2020年8月15日...

おすすめの本 · 2020/07/27
『そのときがくるくる』 すず きみえ著、くすはら順子絵、 文研出版、 2020年4月、1200円...

おすすめの本 · 2020/07/20
 北の里から平和の祈り ~ ノーモア・ヒバクシャ会館物語   文・こやま峰子   絵・藤本 四郎    英訳・エバンズ・キアラ、五十嵐夕夏   北海道新聞社 2020年6月   2,000円+税...

さらに表示する