07日 7月 2018
◆ワークショップ アニメーター:石井・大谷・太田和・千田・廣畑 ねらい ・用意された本の中からテーマ、つなぎ方に気をつけながら、本を選んでブックトークを体験する。・ブックトークをしたり、聞いたりすることにより、それらの本のさらなる価値を新たに発見したり、見直したりする。①ブックトークを聞く。...
09日 6月 2018
6月9日(土)13:30~6:30 明治学院大学白金校舎2号館2202教室  今月の例会は「地図で世界を読む」とのテーマで、ショート・アニマシオンもワークショップも統一して行われた。 ■ショート・アニマシオン=『坂の上の図書館』でアニマシオン ・アニメーター:小山公一...
12日 5月 2018
5月例会「音をさがそう」  明治学院大学白金校舎2号館2202教室 ◆ショート・アニマシオン アニメーター:岩辺泰吏 ・『ごんぎつね』 新見南吉にかかわる漢字17字がプリントで提示される。 ・1文字ずつ書かれた紙(裏にして)を首から下げた5人が前に立つ。 ・どの漢字なのか、グループごとに3つの質問を考える。...
14日 4月 2018
4月例会レポート 『ごんぎつね』へ愛をこめて 昨日はアニマシオンクラブの4月例会だった。光村図書国語の4年生「ごんぎつね」、6年「やまなし」など教科書の挿絵も担当されている画家・かすや昌宏さんに講演をお願いした。「〈絵本の絵〉〈教科書の絵〉~その楽しさ、むずかしさ」。とても刺激的なまなびになった。...
03日 3月 2018
ショートアニマシオン「絵本の世界に飛びこもう」アニメーター  小山公一 『むこうがわのあのこ』ジャクリーン・ウッドソン(文)E.B.ルイス(絵)さくま...
10日 2月 2018
2月例会は2月10日 明治学院大学白金キャンパスの教室で行われた。ショートアニマシオンは「世界の絵本」。アニメーターは平島さん。『おんなじ、おんなじ! でも、ちょっとちがう』を2冊並べて、対話の部分を読み比べることによって生み出される「ちがい」に注目させた。そして、外国の絵本を1冊ずつチームで選ばせ、その主人公に手紙を書くという手法で親しみを持たせていくという展開だった。
13日 1月 2018
 新年1月13日(土)のアニマシオン研究会例会は、韓国の先生方を迎えて「人と人の交流と絆を深めるアニマシオン」特別例会を行いました。韓国から40名、日本側も40名の参加者で夜の交流会まで活発な学習を進めました。...
02日 12月 2017
11日 11月 2017
「アニマシオンの手法を取り入れたアートゲーム」アニメーター: 島谷あゆみ(広島) 前半30分は、アニマシオンに関わった経緯、アニマシオンとアートゲームの共通点、アニマシオンの手法を取り入れたアートゲームの授業の様子、教育的効果、アートゲームの今後の研究課題などを、スライドを使っての説明がありました。...
07日 10月 2017
10月7日(土)13:30~16:00明治学院大白金キャンパス 「ようこそ図書館へ」 アニメーター石井・大谷・廣畑・福田・増田 「あったらいいな、こんな図書館」~   1. ねらい・図書館の理念の発見   ・図書館の作り手になる体験       2. 対象 中学生から大人(クイズの内容を変えれば小学校中・高学年でも可)  3....

さらに表示する