読書のアニマシオン研究会

次回の月例会のご案内:2018.3.10.(土)

13:30~16:30 

明治学院大学白金キャンパス号館3203

2月例会「外国の昔話でアニマシオン」

2月例会は210日 明治学院大学白金キャンパスの教室で行われた。ショートアニマシオンは「世界の絵本」。アニメーターは平島さん。『おんなじ、おんなじ! でも、ちょっとちがう』を2冊並べて、対話の部分を読み比べることによって生み出される「ちがい」に注目させた。そして、外国の絵本を1冊ずつチームで選ばせ、その主人公に手紙を書くという手法で親しみを持たせていくという展開だった。

続きを読む

1月例会「人と人の交流と絆を深めるアニマシオン」

 新年113日(土)のアニマシオン研究会例会は、韓国の先生方を迎えて「人と人の交流と絆を深めるアニマシオン」特別例会を行いました。韓国から40名、日本側も40名の参加者で夜の交流会まで活発な学習を進めました。

 

岩辺からは、「人と人の交流と絆を深めるアニマシオン」のテーマでレポートをしました。韓国からは、ソウルのミラルドーレ私立学校の鄭基元先生が韓国の教育の現状を分析し、「代案学校の可能性」についてレポートしました。ドーレ学校はキリスト教の精神に基づく学校ですから、私たち日本人側にはなじめない言葉・概念もありましたが、学力・学歴競争の激しい状況は日本も強まっており、そのひずみから学校や家庭に「問題を持ち込んでいる子ども」は増えています。学校や家庭の抱える問題は深く、深刻です。

続きを読む