読書のアニマシオン研究会

次回の月例会のご案内:2019.1.12.(土)

13:30~16:30

例会サッカーと人種差別」アニマシオンで道徳   

明治学院大学白金キャンパス 2号館2202教室

アニマシオンで道徳 Ⅰ「個性の伸長」&「相互理解」

1110日(土)13:3016:00

明治学院大学白金校舎3号館3202教室

 ショート・アニマシオン

 俳句・川柳で遊ぼう 

アニメーター:金指孝造

<流れ>  

1.まねっこ俳句 その1(中句のみ空欄)

2.まねっこ俳句 その2(上句のみ指定)

  ① 中句を考える。 

  ② 配付プリントから下句となる季語を

選び完成させる。 

3.川柳穴埋めクイズ*レジュメ(クイズ解答含む)配布

<用意したもの>

・俳句をつくろうプリント ・5音の季語プリント ・穴埋めクイズプリント —―アニメーターをして

 

 俳句作りを「まねっこ俳句」という形式で提案しました。はじめに子どもの作品の五、七、五の中句を隠し皆さんに考えてもらったのですが、さまざまな七音がでてきて感動しました。季語が入っているから俳句です。どんな季語、どんな意味があるかを知ることも、楽しく俳句をつくるのには大切なことです。気楽に作ってみませんか。(金指 孝造)

続きを読む 0 コメント

9月特別例会「長倉洋海さん講演&スライドショー」

98日(土)13時より、明治学院大学白銀キャンパスにおいて、読書のアニマシオン研究会による特別例会が行われた。(参加者約40名)98日(土)13時より、明治学院大学白銀キャンパスにおいて、読書のアニマシオン研究会による特別例会が行われた。(参加者約40名)

〇 はじめのアニマシオン・ミニワークショップ(増田、福田)105135

 タイトル:「世界の子どもたちと写真で出会ってみて!」

 目的:長倉さんの講演をより主体的に聞くための誘い

 すすめ方:①長倉さんの著書『いのる』『はたらく』『まなぶ』の表カバー・裏カバーを示す。

 ②同じ本の裏カバーと表カバーの組み合わせを考える。

 ③表カバーと裏カバーの写真がどこの国のものか、国名を考える。(国名カード)

 ④本の帯の問いから、各グループで、本の内容や自分たちの答えを考え、画用紙に書いて発表をする。

本の帯の問い:「家で、学校で、社会でいろいろなことを“まなぶ”その先にあるものは…」⇒『まなぶ』

「学びの先にあるものは何か」各グループの回答例:〇明るい未来(2) 〇広い世界(2) 〇豊かな世の中 〇平和な社会と個人の幸福 等と表現していた。

 

※このワークショップで、参加者は長倉ワールドへ引き込まれ講演への期待が高まった。

続きを読む