読書のアニマシオン研究会

次回の月例会のご案内:2018.9.8.(土)

13:30~16:30

特別例会写真家 長倉洋海さんによるスライドトーク

   ~生きることを子どもたちから学んだ~   

明治学院大学白金キャンパス 2号館2202教室

6月例会「地図で世界を読む」

69日(土)1330630

明治学院大学白金校舎2号館2202教室

 今月の例会は「地図で世界を読む」とのテーマで、ショート・アニマシオンもワークショップも統一して行われた。

■ショート・アニマシオン=『坂の上の図書館』でアニマシオン

・アニメーター:小山公一

 

 『坂の上の図書館』(池田ゆみる作、さ・え・ら書房)の挿絵地図をもとに、この物語の舞台である町を想像してみようという呼びかけで行われた。物語の一部を読み上げ、主人公母子が歩いた道をたどってみる。参加者の中には読書会でこの作品を取り上げているので、ストーリーは承知しているが、地図ではとまどうことになった。文章と地図とでは幾分イメージが異なっていて迷ったという感想も出された。しかし、作品に誘うには有効な方法だと思われた)

続きを読む

5月例会「わたしたちのたねまき」

5月例会「音をさがそう」 

明治学院大学白金校舎2号館2202教室

◆ショート・アニマシオン

アニメーター:岩辺泰吏

・『ごんぎつね』 新見南吉にかかわる漢字17字がプリントで提示される。

1文字ずつ書かれた紙(裏にして)を首から下げた5人が前に立つ。

・どの漢字なのか、グループごとに3つの質問を考える。

・グループごとに5人に同じ質問をする。(他のグループにきこえないように)・5人は (イエス 〇)か(ノー×)で答える。・グループで質問の答えから5つの文字を考え画用紙に書く。・グループごとに考えた文字を発表する。

続きを読む