読書のアニマシオン研究会

次回の月例会のご案内:2019.7.6.(土)

13:00~16:30 

ショートアニマシオン「もっと詩を」

ワークショップ:アニマシオンで道徳Ⅷ「みんなの悩み」

明治学院大学白金キャンパス2号館2201教室 

参加費:500円(どなたでも参加できます)

アニマシオンで道徳Ⅶ「サプール」

  明治学院大学白金キャンパス1号館1253教室。ショート・アニマシオンは、小山公一さんによる「つながりを考えて」。私と渡部さんはスタッフ「オッサンズ」。「とっぽーん!」「ぐわーくしょん!」などの擬音語と、「ビーだま」「かば」などの物の言葉(名詞)とを結びつけて短いワンセンテンスを作り、丸くなって発表する。これが「つながりを考えて」にふさわしく楽しい活動になったと思います。。テキストは『そしたら そしたら』谷川俊太郎ぶん、柚木沙弥郎え(福音館)。

続きを読む 0 コメント

アニマシオンで道徳Ⅵ「希望の牧場」

 4月例会から1300開会~1630終了を原則に、明治学院大学白金キャンパスの教室で開いています。誰でも歓迎、予約不要。まず、ショート・アニマシオンを30分。そして、参加者からの「おすすめの一冊」紹介。休憩後、ワークショップを60分。その後、協議としています。

 今月のショート・アニマシオンは「絵本の楽しみ」をテーマに《クマさん、お出かけ》。家庭文庫も開いている渡部康夫さんがアニメーター。クマさんを主人公とする10冊の絵本の中から「抜け出したクマさん」を掲示し、それをお家(本)に帰そうというゲームだ。『はなをくんくん』『さんびきのくま』などよく知られている絵本もあるが、あまり知られていなかったものの多く、全問正解は半分のチームでした。子ども対象(低学年を想定)の場合はもっとむずかしいでしょうが、「クマの絵本にもいろいろあるんだな」ということがねらいですので、正解は求めてはいないものです。このゲームから、クラブシニアの4人で「おっさんズ」というチームを組むこととして、そのマークにエプロンをすることにしました(写真)。6月(小山さん)、7月(岩辺)が担当しているので、そのサポートをします。

続きを読む 0 コメント